みんなに勧めたい医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛で施術可能なパーツとは?

美容皮膚科や脱毛専門クリニックで行われている美容脱毛は、大半が医療レーザー脱毛によるものです。

この脱毛手法は医療脱毛に含まれるものですが、医療脱毛の中でも永久脱毛が可能になるのは絶縁針を用いたニードル脱毛のみです。絶縁針とは絶縁体を持つ医療用の針の総称で、この針を毛穴に挿入して電流を流す、電流は発毛組織部分で熱に変換され、組織を破壊する能力を持ちます。絶縁体になっている理由は電流による感電を防止するなどになるのですが、針先から流れる電流だけで組織破壊ができるメリットを持ちます。

しかし、この手法は毛穴に1つずつ針を挿入しなければならないこと、挿入時に痛みが強く出ることなどから、医療レーザー脱毛に人気が集まっているのです。医療レーザー脱毛は永久脱毛ではありませんが、サロンで行われているフラッシュ光線を使った手法と比べると、ムダ毛の量を減らせる、生えにくくなるなどからも、永久性を求めたい人からの注目を集めているようです。尚、医療レーザー脱毛はレーザー光線を照射する美容施術などからも、目の周りへの照射はできません。

しかしながら、鼻下や眉間、おでこなどのパーツへの照射を可能にしていることも少なくありません。フェイスのムダ毛はメラニン色素が薄い産毛が多い関係からも、レーザー光線はムダ毛への吸収が悪いため、繰り返しの施術が必要になりますが、自己処理で行うとムダ毛が濃くなる、肌トラブルが起こりやすいなどからも時間を掛けてきれいにしたいと考える女性が多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *