松戸市内での葬儀と式場

一般に葬儀をするに先立っては、亡くなった人の家族や親族などから喪主を定めるとともに、葬儀を予定する場所と日時を決めておく必要があります。

松戸市内で葬儀をする場合も手順としては同様ですが、場所に関しては公営斎場または民間の斎場というのが基本です。

快適な暮らしを実現するための松戸で葬儀について詳しく知りたいならこのサイトです。

松戸市の公営斎場ですが、市民であれば他の市町村の住民の半額で利用できるほか、そもそも利用料が低廉というところがメリットになっています。



ほかにも斎場が火葬場に併設のため、火葬の際に式場から移動をする距離や手間が最低限で済むという点も挙げられます。

ただし公営斎場の場合は希望する日時に式場が予約できないこともありますので、状況を見ての判断となります。


民間の斎場は松戸市内の葬儀社が経営していることが多く、葬儀とあわせて依頼をしておけば、たいていは使用料にも割引が適用されます。民間の斎場は幹線道路や駅からの距離が近く、駐車場なども用意されているため、特に参列者が多く見込まれる場合に向いています。



アクセス性がよいことは当日の交通混雑などのトラブルを避ける上でも効果的です。

また大規模なホールや僧侶の控室、通夜振る舞いが可能な大食堂や和室などの必要な設備が館内にすべてあることも、民間の斎場ならではといえます。

火葬の場合は必然的に火葬場まで移動しなければならない点はデメリットですが、この場合も霊柩車やマイクロバスなどの手配はいくらでもすることが可能となっています。