松戸市での葬儀の風習 - 松戸市での葬儀の風習

松戸市での葬儀の風習

全国各地それぞれにお葬式の風習があることを知っていますか。
千葉県においても葬儀においては地域によって風習が異なります。
松戸市も同様に独自のルールがありますので、もし葬儀に参列する際には事前に風習を確認しておきましょう。松戸市で行われる葬儀での風習でよく知られているのは、「別れの杯」のことでしょう。

松戸市では告別式の際、親族の間でお酒を飲みかわすという習慣があります。


お猪口にお酒をそそぎ、その杯を親族全員で回し飲みするのです。
これは告別式のご焼香の前に行われます。
故人との最後のお別れの際に飲むお酒ですので「別れの杯」といわれています。


現在では車の運転を行う人やお酒が飲めない人はお猪口に口をつけるだけでよいとされています。

松戸で葬儀に興味ある方、必見です。

さらにお酒だけではなくお餅に関するしきたりも存在するのが松戸市の特徴です。

親族たちの間で丸く平らなお餅を用意し、それを一生マスの裏にのせます。
そしてそのお餅に塩をつけて親族全員で平らげるのです。


これは「己中払い食事中力もち」といわれている他の地域では見られない変わった風習です。



松戸市の葬儀ではこのようにさまざまな風習が見られます。葬儀のあとも故人があの世で苦しまないように菩提寺やお墓にお餅を備える儀式があります。
日数が仏教の教えによってお供えする機関が決まっており、四十九日餅などがよく知られています。
故人を思う優しい気持ちがこうした風習の中にあらわれているのです。何も知らずに参加するのではなく理解をもって参加しましょう。