松戸市の葬儀における風習 - 松戸市での葬儀の風習

松戸市の葬儀における風習

葬儀での告別式の際、「別れの杯」の儀式が執り行われる。

松戸で葬儀の情報を確認できるサイトです。

これは千葉県松戸市における葬儀の風習のひとつです。
千葉県には地域によって葬儀に関するさまざまな風習が存在します。

松戸市もこれは同様です。
冒頭の「別れの杯」は告別式の際、故人の親族が焼香の前にお猪口に入れたお酒を全員で飲みまわすという風習です。もちろんお酒の弱い人や車の運転をする人は口をつけるだけでよいとされています。

こうして故人との最後のお別れをするのですが、他にも特徴的な葬儀の風習があります。



松戸市で行われる葬儀の特徴は「お餅」に関するものが多いです。

「別れの杯」と同じように告別式では親族で餅を食べるという風習があります。

「己中払い食事中力もち」と呼ばれる行事です。



まず丸く平たいお餅を用意し、それを一生マスの上にのせます。そしてそのお餅を親族全員できれいに平らげるというものです。食べる際には塩をつけながら食べるという決まりもあります。
これも松戸で行われるお葬式の風習のひとつです。


餅に関する行事は故人のお葬式のあとにも存在します。


お葬式の終了した翌日早朝から菩提寺やお墓にお餅をささげるのです。


これは「四十九日餅」と呼ばれており、あの世に旅立った故人が苦しまないようにすることと、地獄の獄卒に献上するという意味があります。

仏教において冥界の裁きに関わる十三の仏や初七日から三十三回忌までの十三の追善供養を行う際に捧げるお餅もあり「十三仏餅」と呼ばれています。

大変気苦労の多いお葬式であることがわかりますが、現在においてもしっかりと風習が守られていることには驚きすら感じることでしょう。